ころがりおちる

きづいたらころんでいます @mas2__38

わたしだってすきっていいたい(前編)


神山智洋くんが出演した「2016年劇団☆新感線夏秋興行 SHINKANSEN☆RX『Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!~』」が無事、3ヶ月間60公演を経てついに千秋楽を迎えました。千秋楽から半月が経った今、今更感はありますがやっぱり書きたいとおもって、短いですがあげさせてもらいます。

わたしは10月24日の13時公演を観劇しました。終わった瞬間にあふれんばかりの満足感と「この千秋楽を観に行かなかったら一生後悔する」「死んでも死に切れない」「入ることができなかったら31日は1日寝込む」というわりと重めな感情のしか生まれなかったため、急遽千秋楽にも入ることに決めました。
 
元から劇団☆新感線さんは大好きで、さらにその中にだいすきな神山くんがでるなんてなんて私得なことなんだっていう。それにしてもわりと遠征組にもかかわらず、1回目に観に行ったあと2日後にはチケットもバスもとってしまったわたしの神山さんへの愛がいつのまにかだいぶ重くなってしまっていたことにここで気づかされました。でも実は神ちゃんがVBBにでるって発表されたときはまだ神ちゃんの存在さえしっかりとは認識してなかったときなんですよね。感慨深い。

外部舞台、しかも劇団☆新感線さんっていう大きなカンパニー。VBBが動き出して稽古が始まる前、その中で人見知りしちゃうんじゃないかって心配する母親みたいな神山担をたくさん見ました。でも、初日や千秋楽のあいさつをさせてもらったり、誕生日祝ってもらったり、共演者のみなさんたちといっしょにご飯行ったり、筋トレの仕方教えてもらったり、かみちゃん宅にみんなで集まったり、感動しいなかみちゃんが某共演者さんにもうちょっとでVBBおわっちゃうねって毎日唱えられたり、最終日まで、むしろ最終日が終わってしまったあとでも終始たのしそうなエピソードがたくさんでてきて、心配はいらなかったようです。実際かみちゃんのブログからもたくさん楽しいの気持ちがあふれててわたしもニコニコしながら毎回よんでました。

舞台上で縦横無尽に動き回る神ちゃんはほんとに蛍太郎で。かと思えばフェスのシーンとか京次郎バック、カーテンコールの時とかみたいに突然神ちゃんを垣間見せられて終わりまで翻弄されまくりました。藤志櫻・京次郎バックのダンスしかり、かみちゃんがギター弾けるってわかったあとにフェスの場面でギターを弾かせてもらえるようになったり、かみちゃんのいいところを最大限に活かした場面をたくさん作っていただいてました。かっこいいと思えばかわいい、遠慮しいかと思えば図々しい蛍太郎の役は、7色かみちゃんの本領が発揮されていました。笑えるシーンではしっかり観客からは笑いをおこしていて、「神ちゃんよ、見つかれ~~~~~…!」ってずっと心のなかで唱えていました。舞台での神ちゃんといえば「少年たち」「なにわ侍」くらいしか見たことないからこれからももっと舞台ふえてほしいなあ……あと滝沢歌舞伎2012はやく買おうと心に決めました。

千秋楽のカーテンコール、はじめからかみちゃんは泣きそうでした。我慢してる…!っていうのが3階席にいたわたしでもわかるくらいで、目元がうるうるキラキラ光っていました。座長である斗真くんにも「なんか泣きそうになってるやついる~」っていじってもらったあとみんなになくなよ~とか言われてて、愛されてる~~~って実感しました。

わたしといえばVBBがおわってしまうって考えたら泣いちゃう症候群にかかってしまったため、はじまる前からボロボロでした。千秋楽の挨拶聞いたあと、さらに涙腺が崩壊しました。

 

斗真くんより先に泣かないと決めました!はい!
今回劇団新感線さんの舞台に初めて出させていただいて、皆さんが初めましての人たちしかいなかったので、不安もあり、正直すごく怖いなあって思ってたんですけど。いざ入ってみたら、すごい、神ちゃん神ちゃんって言ってくれて、すごい嬉しかったですし何よりあのまた新感線の舞台に……出たいなあ!っていう気持ちが大きくなりました!
また戻ってこれた時には大きくなったねって言われるように頑張ります!斗真くんみたいになれるように頑張ります!

 

涙をながさず笑顔で最後まで走ってた神ちゃんはとてもかっこよかったです。

今回、VBBではたくさん夢を見させていただいたと同時に、神ちゃんのことをすきな気持ちがさらに大きくなりました。神ちゃんだけではなく、斗真くんを筆頭にたくさんの素敵な出演者さんたちに囲まれたこのVBBカンパニーがとてもとても愛しく、解体してしまったことがいまでも寂しいです。

10年越しに座長として舞い戻ってきた生田斗真くんのように、もっともっと大きくなって、神ちゃんも劇団☆新感線さんに戻ってこれる日を楽しみにしています。

 

わたしだってすきっていいたい。
千年先まであいしてる。