ころがりおちる

きづいたらころんでいます @mas2__38

ジャニオタ、就活しました


おはこんちばんは。ま~です。

触発されて書きます「ジャニオタと就活」

正式に就活終了した(最後まで悩んでた企業の内定断りの電話やっとした)(一昨日)ので、あげさせてもらいます~それはそれはもうめちゃくちゃに長いし、向けて書いた人が偏ってるのでただの記録用に化しています。

ちなみに相方さんのを参考に書かせていただいたのでこちらもぜひ~(宣伝)



sat2-juni.hatenablog.com




それではレッツ!



《基本データ》


・地方・4年制大学・理系
・希望業種:アパレル
・担当は、二宮和也神山智洋
推しは多数(ジュニア含む)
・言ってしまえばスタダにも手出している






《就活スタンス》

① 楽に就活おわりたい
② 自分の好きなことしたい
③ 地元(付近)に帰りたい

見ての通りお前そんなんでええんかみたいなスタンスで就活してた。だから、まあ逆にゆる~く続けられたというか、終始肩ひじ張らずに終えることができました。あと、人とおはなしするのがすきなので「できるだけ多くの人と関われる仕事」ってのもあげてたかなあ。
業界を絞った時点でお給料は諦めていたので、お金に余裕ができるまでは実家暮らしがいいかなと。婚期遅れるから早く稼いでくれる旦那を探さないとなあと思っています。





《就活中スケジュールと現場》

【8月】

現場:
ももクロ桃神祭、M!LKリリイベ

周りの意識高い系に影響されてとりあえずインターン行っときました。インターンって行っても1dayだし、会社説明と平和なGWだけだしすごいたのしい気持ちで帰った覚えがあるな~…就活始まって、インターン参加したかっていうのは全然聞かれませんでした。


【9月~12月】

現場:
9月 ガラスの仮面、縁、少年たち、嵐宮城
10月 SLTコン、DEARコン、VBB×2
12月 クリパ、50Shades、24コン×2、あゆはぴコン

わりと行ってた。相方さんはちゃんと現場行きながらバイト増やしてせっせと就活資金ためてたけどわたしはそんなのお構いなしだった。バイトは増やしたけど。基本お金ない。


【1月~2月】

現場:
1月 なうぇすと×3
2月 Rebootイベント、東西show×2

相方さん(同い年)と「就活だね~やばいね~」って言いながら現場に行くのをやめない。バイト先のパートさんに「コンサート行くの減らすって言ってなかったっけ…?」っていわれたけど「え?何の話です?」っていってごまかしてました。スタートダッシュ激おそいと自分でも思ってたけど、おんなじ進路行ったセンパイに「わたし3月1日から就活はじめたしだいじょうぶだよ!( ◜◡◝ )☆ 」って言われてもう完全に安心しきってました。

就活サイトに登録して、SPIとか自己分析の本買ったくらい。とりあえず合説は行こうとおもってたので、2月最後の日はこれから始まる就活に絶望しながら夜行バスに乗っていました。


【3月】(遠征日数:25/31日間)

現場:春松竹、ジュニア祭り

f:id:mas2__38:20170627121946p:plain

本当にほぼなにもせずに1日から就活はじめた。
あのころのわたしは意味わからん距離(東京~大阪~地元~在住地)を夜行バスで短期間でウロウロしてたけど、たぶん不死身だったんだと思う。今はもう無理。とりあえず合説行って、そこから気になる企業の個別説明会を1日に1~2個の詰め込んでました。本社が大体東京だったのでそれがありがたいの極みでしたね。

普通の企業もうけようと思ってたんだけど、合説何個か行った結果、スーツ着るのいやすぎて一本に絞ることにしました。舐めてる。オール私服だから超絶ラク超。わたしは中途半端に迷ってたのでスーツ上下(スカート&パンツ)買い足したけどほとんど(パンツに関しては全く)使わなかったから、わたしと同じ方向行きたい人は早めに検討しといた方がイイかも…

専門ではないので情報が全くなくすげ~~ビクビクしながら就活してました。ほんとセンパイに同じ道を進んだ人がいてよかった…

宿事情としては、地方組なので東京大阪にいる友達とセンパイの家を転々とさえてもらってました。一人の子は完全に実家・下宿先に次ぐ、第三のお家と化してて泊まらせてもらうたびに「おかえりなさい~」って出迎えてくれるようになった。この子たちの存在は本当に大きい。だから地方組は東京・大阪に泊まらせてもらえるお家を少なくとも一つは確保しとくと心とお財布の余裕ができます…


【4月】(遠征日数:9/30日間)

現場:滝沢歌舞伎

f:id:mas2__38:20170627121950p:plain

3月に比べればだいぶ緩くなりました。大体1回目の面接から1~2か月できまるところがおおいかな?3回目で最終面接なところがおおかったです。基本的に(水)~(金)に面接が固まっているので、ほかはこっち帰ってきてバイト&ゼミみたいな生活を送っていました。

ちなみに私は3月はバイトオールお休みで、4月入ってからバイト復活させました。いちばん意味ねえとおもったのは夜行バスで帰ってきて、バイトしてまたその日のうちに夜行バスで東京向かったことですかね。バイト代、プラマイゼロどころかむしろマイナスだよ!!!(cv.児嶋だよ!!!さん)


【5月】(遠征日数:7/31日間)

現場:ジャニーズ銀座 Love-tune公演

f:id:mas2__38:20170627122003p:plain


だいぶ落ち着いた5月。こう、面接がとぎれとぎれで入ってくるのめちゃくちゃやめてほしかったです。(何目線)セレ〇ト系は大体この時期にES提出締切で面接が始まってくるので、そのへん狙ってる人はほかのアパレル企業よりは少しずれてくる(遅くなってくる)と思います。

5月末に行きたかったところから連絡きて、それまではいろいろ悩んでたけど、結局即決でおわらせました。もうゆっちゃうけど、24コンフラゲして相方さんが再生ボタン押す直前に連絡きました。どこまでもついてくるドルオタの運命―さだめ―。





《まとめ》

合説参加数:7つ
エントリー数:約30社
個別説明会参加数(兼面接を含む):約20社
履歴書、ES等書類提出数:約15社
そのうち選考に進んだ数:約10社

受けてる数は通常くらいなのかな…?数うちゃ当たれ戦法でうけていたので、系統は全くのバラバラでした。わたしは特に行きたい!と思った企業を、第1志望から第3志望まできめて、いっちゃ~わるいけどそのほかの企業はその行きたい企業の練習台みたいな感覚で受けていました。第1~3希望にはゼッタイ失敗できないってすごい緊張でしにそうになるけど、逆にゾワゾワできるのでドエムの方にはオススメです。





《就活もろもろ》

〇 就活はじめるにあたって

とりあえずわたしは、四大にも関わらず同じ道に進んだセンパイが2人もいたので気になるところはひたすらに聞きまくりました。このお二方の存在のおかげでめちゃくちゃに心の余裕ができていました。ふつうの就活とは少しイレギュラーな感じしますからね。やることとしては、どんな業界でも、「自己分析」「就活の軸の決定」は最低でもしておいた方がいいかな~と思いました。自己分析に関してはESと自己PRに使えるネタになるし。軸もわたしみたいな簡単なものでいいから。


〇 合説について

アパレルの企業だけ出てる合説は行っといたほうがいいと思う。太っ腹なとこだと、非売品のトートバックとか割引券とかもらえたりする~あと単純にたのしい。わたしはマ〇ナビ・ブラン〇キャリ〇ジュ〇ア・JA〇ICがそれぞれ主催してたところに参加しました。(伏字の意味)
合説も私服オッケーでした!(当然スーツの子もいる)(私も数回スーツで行ってた)私服のほうがその人がどんな人かっていうのが如実に表れるので、印象をつけやすいと思います。髪色もめちゃくちゃ明るい子とかいたけどさすがにやめといた方がいいんじゃないかな~~(とわたしは思いながら見てた)。面接では暗くしてたのかなあ~…。あ、マイ〇ビの普通企業といっしょに開催してるのは、スーツ9割の中に私服参戦するからめちゃくちゃ非常識なやつみたいな目で見られます。心を強くいきましょう。


 〇 エントリーシートについて

アパレルは基本的に指定のESに記入してくださいって言われるから、せっかく大学の校章入った履歴書20枚買ったのに全く使わなかったです。もしかしたら使う場所もあるかもだから数枚手元に置いとくとよいと思う◎ただ封筒はめちゃんこつかいます。Officeが入ったiPadを常に持ち歩いてて、空き時間はずっとWordにESの下書き書いてました。パソコン持ち歩くのほんとに無理だった…おもい…Wordじゃなくてもメモ帳でも十分だと思う◎
なにが大変だったって地方組だからESの印刷が自宅でできないところですかね。スマホに各コンビニのコピー機のアプリ入れて、ダウンロードしたPDFをコンビニで印刷してるのが一番楽だった気がするな~…あと、ESに全身のコーディネート写真を貼るところがおおいので何パターンか写真撮っておくといいと思います。わたしはカメラ好きなともだちにとってもらってた。ちなみに貼る写真もコンビニで印刷してました。


〇 テストについて

基本、ないと思います。あるとしても「性格適性検査」っていう心理テストみたいなものがほとんどでした。でも一概にはそうとも言いきれないので、企業ごとにどんなテストがあるのかしっかりリサーチしといた方がいいです。抜き打ちとかのとこもあるかもだから勉強して損はないです。じゃないとわたしみたいに目標点に届かなくて総合職いけないみたいなことが起きます☆つらみ☆


〇 面接について

「とりあえずわらっとこう」が合言葉です。基本、人柄重視なのでファーストインプレッションが超絶大事です。面接自体は集団面接が多く、私たちの力を存分に発揮できるようなリラックスした雰囲気を作ってくれるのでまったく緊張しない。私の受けた中ではひとつも圧迫経験しませんでした。緊張しやすい人は興味ない(失礼)企業もどんどん受けていって慣れてくと良いと思います◎受けるのはタダですからね。あと、緊張しても自己紹介とかで「緊張してるんですけど、がんばります(ニュアンス)」みたいな前振りしてました。

はじめにも記しましたが、基本全部私服です。全身そこのブランド!ってひともいたけどあんまり考えないで行っても大丈夫だと思います。わたしも「なるべくそのブランドにあった服装で行くように心がけよう!」ってくらいでした。とりあえず、ユニクロ・GU最強説は唱える。

よく受けたと思う質問
① 志望動機
② 自己PR
③ どんな企業をどの選考まで受けているか
④ いままで一番がんばった、力を入れたと思うこと
⑤ それを通してなにか得られたことは?
⑥ 店舗見学に行ったかどうか/雰囲気はどうだったか
かな~店舗見学は1店舗だけでも行っといたほうがいいと思います。「〇〇ってブランドの△△店によく伺うんですけど…」って話すとその企業に対しての本気度を見せられる。企業理念とか持ってるブランドとか、予習はゼッタイ必要だと思います。その企業を知るって姿勢、超大切!

あと、もうすでにアパレル系のアルバイト経験してる子とかつよい気がする。その経験を志望動機とかに使えちゃうからね。でもまあ私は気にせず大学生活の話ガンガンしてました。一社だけ、アルバイト経験ある子にめちゃくちゃ食いついて私みたいな普通の人にあからさまに興味示さないやついたけど、あいつは、ゼッタイに、許さない(ひどい疎外感を感じて疲れたらしい)(静かな怒り)。気にせず行きましょう。


〇 辞退について

思い切って電話しちゃいましょう!!!自分が思ってる以上にサッパリした感じで終わることができます。まず、この業種は『全国の店舗で働いてもらう人を募集する=募集人数の母数が大きい』ので、おそらく普通の企業よりは辞退の電話慣れている気がしました…面接官の人と仲良くなってしまった企業は非常にかけずらさMAXでしたが…話す内容は、ネットに載ってるテンプレで十分だと思います。





《ジャニオタとしての就活》

ジャニオタと就活の両立、ガンガンしてました。

我慢して申込しなかった公演もあったけど、結局チケット探して行ってるし、「少しは息抜きの時間も必要だよな~!」とか言いながら存分に自分を甘やかしていました。ジュニア祭りは説明会行ってから、歌舞伎は面接2つこなしてから行ったけどこのあとのことが気になって全然集中できなかった(クソ)でもまあ結果的に、「そのためにがんばる!」ってモチベーションにも繋がったしね。こんな意思弱い系の人間なので「絶対行かない!」って言ってる子は本当にすごいなあと思ってました。

あと、遠征に関してはまったく苦ではなかったので、フットワークの軽さはオタクで培ったものかなと思いました。バスのとり方しかり、東京大阪の電車の乗り換え・マックの場所・時間のつぶし方を網羅してるのは完全にジャニオタやっててよかったな…と思いましたね。

あとわたしはわりとジャニオタ隠していませんでした。否、隠せていませんでした。ところどころに出てしまうぬぐいきれないオタク感。面接のジャブで「最近会った楽しいことは何ですか?」とか聞かれたりしたけど堂々とコンサート行った話してた。一番シュールだったのは

 
ですかね。相方さんには心強いって言われた。

あと、オタクのたのしいところであり、わるいところ。す~~~~~~~ぐオタク探そうとする。面接帰りとかどうやってすきなアーティストの話をするかが勝負でした。面接帰りに嵐・WEST・関西担をみつけてしまいその場でお互いのオタ垢交換する始末。でもそれがたのしい。





《さいごに》

こんなゆるゆると就活はじめた私でもなんとか就活終えることができました。いそがしさは狙った業界にもよると思います。わたしは忙しさに追われて疲れを感じるのがだいすきなのでなるべく自分の疲れの限界が来るくらいまでガンガン予定詰め込んでました~これは参考にしちゃだめです~~

大切だと感じたのは、疲れをため込んでしまう人も私みたいにあっけらかんとしている人も、だれか一人だけでもいいから今の自分の状況話せる人を作っておくっていうのが必要かな~と思いました。泊まらせてもらってた友だちも就活生で、お互いまったく業種はちがうけどそのときの就活状況を隠すよりおおっぴろげに話して、その分相手の話も聞いて自分のモチベーションにしてました。なんせ大手ばっかり受けている子だったので世界の違いが面白かったです。

あと、自分なりの息抜きの仕方も心得とくとよいかもしれないですね~~~わたしは同学年でおなじ道に進む人がいなくて常に単独行動だったのでオタク探ししたりジャニショ行ったりその点ではジャニオタって便利だな~~~~~って思ってました。我慢しすぎは身体にわるいからね?なんて便利な自給自足。

そしてさいごにいまから就活に不安を覚えている方…とてもよい!えらい!!ちゃんと考えてる!!!その調子で自分の就活に対してのテンションをあげてってください。わたしなんか「なんとかなるっしょ!」ってかんじでなんも考えてなかったのでほんと~~~~にまねしないでください。ちゃんと準備して、心の余裕を持っとくと就活たのしくなります。

とゆうわけで、これからのひとがんばってください!もし聞きたいことあったら、コメントでも!ついった(@mas2__38)のDMでも!なにか力になれれば!!!!わたしは!!これから!!卒研地獄です!!!!!ハ~~~~~~~~~~就活よりしたくな~~~~~~~~~~~~~~~い!!!